SKE山内鈴蘭が石田純一から学んだ〝人生とマナー〟「悪い人じゃないんです!」と強調

2020年07月01日 05時00分

山内鈴蘭

 SKE48の山内鈴蘭(25)が30日、7月5日からスタートする新番組「日曜ゴルフっしょ!」(テレビ東京、毎週日曜・午前11時から)の取材会を行った。

 同番組は、ますだおかだ・岡田圭右(51)、オリエンタルラジオ・藤森慎吾(37)がMCを務め、山内がアシスタントを担当。芸能人や一般人をゲストに迎え、ゴルフで真剣勝負する。

 同番組は、28日に最終回を迎えた俳優の石田純一(66)がMCを務め、山内がアシスタントを担当した「石田純一のサンデーゴルフ」のリニューアルに伴い、スタートする。

 石田といえば、4月15日に新型コロナウイルス感染を公表。緊急事態宣言が発令された4月、沖縄のゴルフ場で発症。一連の軽率な行動から苦情が殺到し、打ち切りの要因となっていた。

 山内は「石田さんと出会った時は16歳。10年前で、お父さんのような方だった。ゴルフの醍醐味も石田さんとの番組でお伝えできたのかなと思う。石田さんには長生きしていただきたいですし、お体を大事にしてほしい」と気遣った。

「石田さんから何か言葉は?」と聞かれると、山内は「『鈴蘭なら大丈夫だよ』と。本当にお父さんみたいな存在で、大好きで慕っている。石田さんも私にすごく安心感を持ってくださったみたいで、『もう鈴蘭は大丈夫だよ、このまま羽ばたいて』と…ジーンときました」と振り返った。

 石田との共演で気づいたゴルフの魅力については、「人生と同じで、うまくいかない時もあれば、いい時もある。うまくいかない時の方が多いけど、1回うまくいけば思い出に残るし、人生もゴルフもそれに向かって頑張るところが似ている」。

 ゴルフは「紳士のスポーツ」といわれるが、「(コースの)芝の上で靴を引きずって歩かない」などのマナーを教えてもらったという。

 山内は「石田さん、悪い人じゃないんです! すごいいい方なんです」と笑顔でフォローした。