SKE48・高柳明音15日の横アリ卒コン中止 「いつか叶えたい」代替開催の可能性は

2020年03月05日 17時00分

お気に入りの写真を披露する高柳

 新型コロナウイルスの猛威は、アイドルの旅立ちも台無しにした――。

 アイドルグループ「SKE48」の高柳明音(28)は今春卒業予定で、15日に横浜アリーナで卒業コンサートを行うはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2日に中止が発表された。

 4日に都内で行われた写真集「いつか、思い出したいこと。」発売会見で、高柳は苦しい心境を吐露した。

「皆さんにお伝えする前に、スタッフさんと協議を重ねて決めました。私はライブが大好きなので、ライブで悲しい思いをする方が出たら、悔やんでしまうと思って」と決断した理由を説明。

 さらに「今ここでやると、笑顔で終われないかもしれない。アイドルは皆さんに幸せを届けるものであって、それができないなら…と。前向きに次につなげられるような中止です!」と笑顔を作って明かした。

 2009年に2期生としてデビューし、約11年にわたってグループをけん引。礼儀正しく、後輩のかがみになるメンバーであり、AKB48選抜総選挙で最高14位に入るなど、グループの垣根を越えて愛されていた。

 そんな“功労者”の卒業コンサートが中止に。高柳は代替開催は未定としつつ「コンサートのために作っていたセットリストや演出もあるので、いつかかなえたい。どんな形になっても、みんなが笑顔になるニュースを届けられれば」と前を向いた。

「この時期のコンサートはどんどん中止が発表されており、代替会場も取り合いになるのは確実です。コロナの状況も読めないため、これからアリーナクラスの会場を押さえるのは難しい。9月26、27日にSKE48松井珠理奈の卒業コンサートが愛知の日本ガイシホールで行われますが、その前後のタイミングなどで開催する可能性はあるかも」と音楽関係者。

 今春での卒業を発表済みで、すでにソロ後の仕事も決まりだしているという高柳。新型コロナウイルスの終息が代替開催検討の第一歩になりそうだ。