岡田奈々「ゆうなぁ」ソロコンサートで村山彩希に感謝の手紙「これからもそばにいてください」

2020年01月22日 22時45分

左から村山彩希、岡田奈々(C)AKS

 AKB48の岡田奈々(22)と村山彩希(ゆいり=22)が22日、東京ドームシティホールで「ゆうなぁ単独コンサート~かけがえのない時間~」を開催した。

 岡田と村山はファンから「ゆうなぁ」と呼ばれ、仲良しコンビとして有名。この日はアンコールや峯岸みなみ(27)らがゲスト出演した寸劇コーナーを含めて、全28曲をパフォーマンスした。

 終盤には、岡田が村山に向けて手紙を読み上げる場面も。「『このコンサートまで絶対キレイになろうね』ってカロリー制限をしてみたり、毎朝白湯を飲んだり、岩盤浴に行ったり。メークの研究をしたり、マニキュアをお揃いにしてみたり、かわいくなるためにできることは何でも一緒に試した。そんなせわしない日々が終わるのがとても寂しいです」としんみり。

 さらに村山の魅力について「ナチュラルに人を魅了してしまう人柄と、気づいたら目で追ってしまうパフォーマンス。魅力的すぎるほど才能にあふれているのに、自分自身はそれに気づかず全部、無自覚でやっているゆいちゃんは罪な女だな~と思う半面、とっても尊敬しています」と話した。

 そんな村山に教わることも多いといい「相手を思いやることの大切さと、ステージに対する熱い姿勢を学ばせてもらっています。私にとってかけがえのない存在。出会えたことに心から感謝します。どんなにつらいことがあっても、ゆいちゃんがそばにいたら何でも乗り越えられる気がする。もしよかったらこれからもそばにいてください」。

 これに村山は「いつも言葉とか行動で表現してくれるのがなーちゃん(岡田)で、私は本当に何もしてあげられていない。私はこのステージでいっぱいいっぱいで、お手紙を書くなんて考えられなかった」と驚いた。

 最後は「ありがとうございます」と感謝した後「最近は私は(シングルの)選抜に入れさせてもらう機会が増えて、最初は戸惑っていたけど、選抜に入って後輩のなーちゃんや、みーおん(向井地美音)が総監督をやってたり(グループの)先頭でやっているのを見て。私も支えられるようになりたいと思って、堂々と支えられるように頑張っている最中。私の気持ちを変えてくれたのはなーちゃん。ありがとうございます」と決意とともに感謝の言葉を続けた。