AKB柏木由紀“顔パス”できず「劇場の入館証を作ってください」と要求

2019年12月10日 14時24分

 人気アイドルグループ「AKB48」が10日、東京ドームシティホールで全国ツアー・東京公演を行った。

 この日は朝、昼、夜の3部公演で、午前10時開始の朝公演は柏木由紀(28)、大矢志津香(27)、久保伶音(16)、太田奈緒(25)らチームBメンバーが出演。「チームB推し」「重力シンパシー」「恋愛サーカス」など全28曲を披露した。

 キャプテンの岩立沙穂(25)は「5月に(キャプテンに)任命されて半年ぐらいたつんですけど、大きな声を出すのが苦手。楽屋でみんなのことを呼ぶのが緊張してしまって…。大丈夫ですか?」と心配顔を浮かべると、柏木は「円陣ではさっほー(岩立の愛称)が声をかけてるイメージがある」とフォロー。これに岩立は「チームBは誰も動かないから…」と、やむなく声を出してることを明かし、ファンの笑いを誘うと、柏木は「大人と子供をうまくまとめているよ」と岩立の手腕に感謝した。

 また、柏木は8日の「AKB48 14周年記念公演」で、東京・秋葉原の専用劇場に入る際、有名メンバーながら“顔パス”できず、警備員に「入館証はありますか? 見せてください」と楽屋前で静止されたことをツイッターで明かしていた。

 中盤MCで、柏木は「今日は止められなかった!」と笑顔で報告。これまでメーク時とすっぴん時の“差”が激しいことが静止される理由にもなっているが、柏木は「ちなみに(8日は)メークしていたのに止められたの」と明かし、「私に入館証を作ってください!」とスタッフにお願いしていた。

 それでも30歳までAKB在籍を宣言した柏木は、アンコール後も「まだまだ皆さん、声出していきますよ!」と大きな声で呼びかけるなど最後まで先頭で盛り上げた。

 岩立は「2020年がやってくる。AKB48も15年目。メンバーとの仲も深まって、まだ見つかりきっていない魅力があることに気づいた。AKB48をずっとずっと見ていてほしいし、個々のメンバーの頑張りも見てほしい」と訴えた。

 また、今月20日に卒業公演を行う太田は「先輩たちとステージに立てて仲も良くなってうれしい。チームBの一員としていれたことがうれしい」と笑顔を見せた。