最後の1期生・峯岸みなみ AKB48卒業を発表「頭が真っ白」

2019年12月08日 20時09分

卒業を発表した峯岸みなみ(C)AKS

 アイドルグループ「AKB48」で唯一の1期生メンバーとして活動していた峯岸みなみ(27)が8日、グループからの卒業を発表した。この日、東京・秋葉原の専用劇場で行われた「AKB48 14周年特別記念公演」で自ら明らかにした。

 この日は公演は2005年12月8日の劇場オープンから14周年の節目で、メンバー総勢102人が出演。オープニングからAKB48のチームA、チームK、チームB、チーム4、チーム8がそれぞれのチーム楽曲を2曲ずつ披露。その後は多彩なユニットを組んでファンを魅了した。

 公演終盤にステージに登場した峯岸は「私、峯岸みなみはAKB48を卒業します」と告白。客席が静まり返るなか「そこで止まっちゃうの、何かないの?」と苦笑い。ファンからは笑いとともに「え~!」という声が上がった。

 卒業を決めた理由について「いつ卒業してもおかしくないと感じていて。今までも『卒業した方がいいんじゃないか』『卒業したいな』ということがないわけじゃなかったんですけど。AKB48が好きでいる自分でいられる時に、卒業したいなと思いました。みんなに見守ってもらえる、この場所を選ばせてもらいました」と明かした。

 AKB48は来年4月2日に横浜アリーナで単独コンサートを行う予定で、峯岸の卒業セレモニーも行うという。

 卒業発表を終えた峯岸は「頭が真っ白になるもんだね」としみじみ。「AKB48に甘えていた部分もある。ステキな景色もたくさん見てきたけど、これからは自分の力でステキな景色を見たい。自分の力で一から見たり歩いていきたいなと思います」と決意表明。「これからもAKB48の応援をよろしくお願いします」とお願いした。

 峯岸は05年に加入。1期生の高橋みなみ、前田敦子、小嶋陽菜、板野友美らが卒業する中でセンターの経験こそないが、バラエティー番組などでソロとして存在感を発揮していた。

 13年1月末には“恋愛スキャンダル”で丸刈りになって謝罪したことが世間に衝撃を与えた。初期メンバーでありながら研究生に降格したが、若手メンバーと一緒に汗を流し、信頼を回復。約7か月後に正規メンバーに復帰し、チーム4キャプテンも務めた。

【関連記事】