柏木由紀 テレビで宣言「30歳までAKB48を卒業しません!」

2019年11月13日 19時36分

柏木由紀

 AKB48の柏木由紀(28)が13日、日本テレビ系の生音楽特番「ベストヒット歌謡祭2019」で、「30歳までAKB48を卒業しません!」と宣言した。

 AKBグループとして「10年桜」を熱唱後、柏木は「私はAKB48とアイドルが大好きなので、30歳までAKB48を卒業しません!」と宣言。「AKBで現役で30歳になったメンバーがいないので、ちょっと頑張ろうかなと」と説明し、意欲を見せた。

 2006年に3期生としてAKBに加入。現在、AKB48グループの最年長メンバーだ。それまでの48グループ最年長メンバーは今年5月、29歳でSKEを卒業した松村香織。AKBでは17年4月にグループを卒業した“こじはる”こと小嶋陽菜で当時、29歳だった。

 12年まで活動していた“ちょっと大人”をコンセプトにした姉妹グループ「SDN48」には30代のメンバーが在籍したが、柏木が宣言通りに活動すれば、現存する48グループでは30歳まで在籍する初のメンバーとなる。

 柏木の宣言は、事前にインターネット番組表で「AKB48柏木由紀が衝撃発表!?」と予告されており、歌唱曲もグループを代表する卒業ソング「10年桜」だったこともあり、ファンから「ゆきりんが卒業!?」という声が噴出していた。

 また、出演前には自身のインスタグラムで「新衣装ですよー みてくださいね」と呼びかけたが、コメント欄は「卒業しないでください」「どんな発表でも受け止めるよ」など様々な声が寄せられた。