SKE松井珠理奈 活動休止の原因は“完璧主義”長期離脱の心配なし

2019年09月30日 17時00分

松井珠理奈

 アイドルグループ「SKE48」の松井珠理奈(22)が体調不良のため、しばらく休養すると先日、グループの公式サイトで発表されたが、大丈夫なのかと、ファンの動揺を誘っている。

 体調不良が続いていた松井は、一部の活動を休みながら回復に努めていたが、現在も万全の状態に至らず、協議の結果、休養を決めた。

 松井は先日17日に行われたアジア最大の格闘技団体「ONEチャンピオンシップ」の大会応援サポーター就任会見に出席したが、11月から福岡・博多座で上演されるAKB48グループの特別公演舞台「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」は24日に降板が発表されていた。

 松井といえば、昨年6月に地元・名古屋で開催された「選抜総選挙」で初の女王に輝いた後、体調不良となり、7月から当面の活動を休止し、9月に復帰していた。

「ストイックな性格で、何事も完璧にこなそうとして、プレッシャーを感じてしまったのでは。昨年の総選挙前も地元開催で『SKEのために頑張らないと』と自分を追い込んでしまい、何日も眠れず本番を迎えて体調を崩してしまった。最近も昨年同様、不眠のような状態が続いていたようで、メンバーやスタッフも苦しそうな表情を見せる珠理奈を心配していた」(関係者)

 長期離脱を心配する声もあるが、それほど重い症状ではないとのこと。これまでも体調不良に悩まされながらも「しばらく休めば、体調を取り戻してきた」(前同)というだけに、リフレッシュした珠理奈に会える日もそう遠くなさそうだ。