NGT48西潟茉莉奈「真実でないことが広まってしまって」涙流し反論

2019年08月18日 20時22分

西潟茉莉奈

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が18日、新潟市内のNGT48劇場で「夢を死なせるわけにいかない」公演を開催。同劇場での定期公演は昨年12月30日以来、約8か月ぶりとなる。

 1月に元メンバー・山口真帆(23=5月に卒業)の暴行被害事件が発覚し、事件はグループ運営側の対応が問われる騒動に発展し、地元イベントの降板など、大きなダメージを負った。それ以後、5月18日に山口らの卒業公演が行われたり、ソロ公演や研究生公演などはあったが、通常の定期公演は行われていなかった。

 騒動後、NGTは従来の「チームNIII」「チームG」の2チーム制を解体し「1期生」と「研究生」に分けて再出発することを決定。新体制で公演再開のスタートを切った。

 そんな中、アンコール後に西潟茉莉奈(23)が、山口の告白や一連のNGT騒動について反論した。涙ながらに「今日を迎えるまで、真実でないことが広まってしまって。すごくメンバーみんな苦しんだんですけど、言われたことが真実であるならば、このステージには立てません」と言い切った。

 さらに「私たちのためにサポートしてくださったスタッフさん、関係者の皆さん、何よりこのような状況でも応援してくださるファンの皆さんが信じて待ってくださったおかげで、NGT48劇場は再開することができました」と感謝。「このような状況でも、NGT48はみんなで一歩一歩、頑張っていきたいと思います」と誓った。

 西潟の“真実ではない”という言葉が何を指しているのかは分からない。事件の真相か、ファンとのつながりか、ネット上で噂されるメンバー間の対立なのか…。騒動が落ち着きを見せ始める中で、西潟の発言は波紋を広げそうだ。