SKE新曲 TWICE超え1位獲得も「歌番組出演ゼロ」の危機

2019年08月05日 13時47分

アイドルグループ「SKE48」

 アイドルグループ「SKE48」の新曲「FRUSTRATION」が5日付オリコン週間シングルランキングで1位を獲得した。同日発売となった人気K―POPグループ「TWICE」の新曲「Breakthrough」との直接対決が注目されたが結果はSKEの勝利。「どんなに大変なときでもファンの方が助けてくださる。本当にありがたいです」(大場美奈=27)とメンバーも感謝しきりだ。

 見事に「TWICE超え」を果たし、SKEファンも意気揚々。と、本来ならなるところだが、大のSKEファンとして知られる元KEIRINグランプリ王者でスポーツコメンテーターの加藤慎平氏(41)によるとこれが全くの逆。複数のグループLINEで数百人のSKEファンとつながっている加藤氏は「音楽番組での新曲披露が一つもないのでファンの間からは不満の声が出ているのです」と実情を明かした。

 SKEがテレビで新曲を披露したのは「SKE48のバズらせます!!」(東海テレビ)だけだが、これはグループの冠バラエティー番組で音楽番組ではない。現時点でテレビで新曲を披露する予定は発表されておらず、このままではSKE史上初めて新曲リリース後の「音楽番組出演ゼロ」となる大ピンチ。音楽番組自体が減少しているとはいえ、SKEの翌週に新曲「大好きな人」を発売した姉妹グループのSTU48は「音楽の日」(TBS)や「うたコン」(NHK)などに出演しているだけに「STUが出るのにどうしてSKEは歌番組に出演できないのか」「バラエティーや情報番組にSKEのメンバーはよく出ているのになぜ歌番組だけ違うんだろう」とファンの間からは疑問の声が上がっているのだという。

 歌手やアーティストの歌番組への出演は通常、所属レコード会社やレーベルが担当する。それだけに「TWICEに勝って発売初週で30万枚以上を売り上げるグループが一つも音楽番組に出られないのは異常でしょう。(所属レコード会社の)エイベックスさんにはもっと頑張ってほしい」(加藤氏)。「歌番組に出られないのではメンバーやファンの士気にも関わる。CDを売ることだけではなく、そういうところもしっかりやってほしいですね」(SKEファンの高須クリニック・高須幹弥名古屋院院長=44)と注文続出。このまま歌番組出演ゼロに終われば新曲のタイトル通りファンの「FRUSTRATION」はMAXとなりそうだ。