SKE大場美奈 初写真集で“限界”に挑戦!須田亜香里「売れそうで悔しい」

2019年08月02日 20時11分

写真集発売イベントを行った大場美奈

 アイドルグループ「SKE48」の大場美奈(27)が2日、名古屋市内の星野書店で初のソロ写真集「本当の意味で大人になるということ」(スクウェア・エニックス)の発売記念イベントを行った。「グループにいると自分一人だけのものを出すということはなかなかない。こんなにドキドキするものとは思いませんでした。本当にうれしいです」。アイドル10年目でのファースト写真集に大場は喜びを爆発させた。

 撮影が行われたのは今年3月。「撮影時は26歳だったのですが、大人っぽい26歳の写真集というよりはアイドルのファースト写真集というものをイメージして撮りました。ハワイのビーチで“イエィ”とやっているときはアイドルの表情です」と基本的には王道のアイドル写真集になっているという。だが中には大胆で大人っぽいカットも…。特にシャワーを浴びているシーンでは露出の限界に挑戦。発売前に一部のカットを見たメンバーの間からは「すごかったねあれ。あんなに(露出して)いいの?」(松井珠理奈)、「面白くて売れそうで悔しい」(須田亜香里)と驚きや絶賛の声が挙がったという。

 タイトルは48グループの総合プロデューサーを務める秋元康氏(61)がつけたもの。秋元氏から送られてきた10個のタイトル候補の中から大場が選んだ。「どの人が見ても秋元先生っぽいと思うタイトル。写真集に秋元先生の帯をつけてもらうのがずっと夢だったんです。今度、お礼の連絡をしたいと思います」と感謝しきりだった。