AKB48小栗有以の“カントリーマアム愛”好きなことで新CMゲットの幸せ

2019年07月26日 17時00分

カントリーマアムドレス姿もキュートすぎる小栗

 ほとばしる愛は本物だ! アイドルグループ「AKB48」の小栗有以(17)が25日、都内で行われた菓子メーカー・不二家の「カントリーマアム35周年誕生祭」に出席した。

 小栗といえば、AKBの新シングル「サステナブル」(9月18日発売)で初センターを務める矢作萌夏(17)とともに、次世代エースとして期待される逸材だが、常々「カントリーマアム好き」を公言してきた。

 この日は、東京モード学園の学生が制作した包装パッケージを生かした“カントリーマアムドレス”に身を包み「細かいところまでかわいいなって思いました。気持ちが詰まっていて、すごくうれしいです。(AKB)じゃんけん大会は自分の好きな衣装を作ってくれるので、もし上位にいった時はカントリーマアム風の衣装を作っていただきたいです」と笑顔でおねだりした。

 47都道府県の代表メンバーから構成されるAKBチーム8に東京代表として加入。「中学1年生のころに加入していろいろな都道府県に行くと、各地にいろんな味があることが分かって(ご当地)カントリーマアムを集めるのにハマりました。沖縄のパッケージがかわいくて好きです」と明かした。

 現在、23種類を制覇したという小栗は「全種類食べるのが目標です」と、完全制覇を見据えた。

 AKB関係者は「自身のソロイベントのタイトルに“小栗有以とカントリーマアム”と名付け、収集してきたご当地パッケージを手に熱弁していたこともある。沖縄のご当地ものは、AKB選抜総選挙で訪れた際に見つけたとか。初ランクインした本番の総選挙より興奮気味で購入していたというから、その愛は本物でしょうね」。

 35周年を記念したキャンペーン第1弾の新CMにも出演する小栗。好きなことが仕事に結びついてご満悦だった。