AKB小栗有以 じゃんけん大会に“カントリーマアム衣装”おねだり

2019年07月25日 16時32分

小栗有以

 アイドルグループ「AKB48」の小栗有以(17)が25日、都内で行われたお菓子メーカー・不二家の「カントリーマアム35周年誕生祭」に出席した。

「カントリーマアム好き」を公言してきた小栗は、ファン代表としてゲスト出演オファーに「ファン代表として参加させていただいて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 47都道府県の代表メンバーからなるAKBチーム8の東京代表として加入。小栗は「中学1年生のころに加入していろいろな都道府県に行くと、各地にいろんな味があることが分かって(ご当地)カントリーマアムを集めるのにハマってしまいました」と明かした。

 この日、同商品の包装パッケージを生かした「カントリーマアムドレス」のお披露目も行われ、東京モード学園のファッションデザイン学科・ファッション技術学科の生徒たちが制作した4つのドレスから最優秀ドレスが選ばれた。

 小栗はそのドレスを着て再登場し、ランウェイを歩いた。

「鏡を見て細かいところまでかわいいなって思いました。気持ちが詰まっていて、すごくうれしいです。(AKB)じゃんけん大会は自分の好きな衣装を作ってくれるので、もし上位にいった時はカントリーマアム風の衣装を作っていただきたいです」とおねだりした。

 また、35周年を記念したキャンペーン第1弾として、全国から募集したムービーを使った新CMがお披露目。自身がサプライズで出演していることを映像で初めて知った小栗は「え! ビックリした」と目をぱちくり。「先輩の前田敦子さんも過去にCMに出演されていた。カントリーマアムが好きな気持ちでいっぱいだったので、CMまでつながったことが驚きですし、本当にうれしい」と感激していた。