SKE48北川綾巴が卒業発表 今後は未定も「出身地の知立市を盛り上げたい」

2019年07月02日 21時02分

北川綾巴

 アイドルグループ「SKE48」の北川綾巴(20)が2日、名古屋市内のSKE48劇場で行われたチームS「重ねた足跡」公演でグループからの卒業を発表した。活動期間は9月末までとなる。

 公演終了直前「私、北川綾巴はSKE48を卒業します」と報告。チームSのキャプテンを務める北川の突然の卒業発表に、劇場内は大きな衝撃に包まれた。

 それでも「20歳の節目の年ということもあり、自分の人生に悔いなく生きていきたいと思い、決断しました。最後までSKE48チームS、そしてちょっとだけ私のことを応援してくれるとうれしいです」と率直な気持ちを伝えると、ファンからは「綾巴ありがとう」というコールが起きた。

 続けて「今後については詳しくは決まっていないんですけど、夢であるモデルとかファッションのお仕事ができたら。そして出身地である(愛知県)知立市を盛り上げていけたらと思っています」と宣言すると、温かい拍手が送られた。

 北川は2012年10月にSKE48第6期生オーディションに合格。14年12月に発売された16枚目のシングル「12月のカンガルー」では、宮前杏実(21)とダブルセンターに抜てきされた。SKEのシングル曲で松井珠理奈(22)、松井玲奈(27)以外のメンバーがセンターとなったのはこの時が初だった。

 昨年6月に行われた第10回AKB48グループ世界選抜総選挙では27位にランクイン。しかし、24日にリリース予定の25枚目シングル「FRUSTRATION」では選抜メンバーから外れていた。