SKE48がナゴドで中日に熱いエール送るも16失点惨敗

2019年06月18日 21時38分

ナゴヤドームのイベントに出演したSKE48メンバー

 アイドルグループ「SKE48」の熊崎晴香(21)、竹内彩姫(19)、浅井裕華(15)、野村実代(16)、井上瑠夏(18)が18日、中日―西武戦が行われたナゴヤドームに来場。球場に隣接するDステージで行われた応援イベントや、イニング間の応援タイムにグラウンドに登場して球場を盛り上げた。

 SKEが中日ドラゴンズの応援大使を務めていることもあり、この日からの西武3連戦では毎試合、メンバー5人が登場。19日には日高優月(21)が始球式を務める。

「応援大使として関わらせていただいているので、ぜひ勝ってほしいです」(野村)、「ずっと名古屋に住んでいる私にとって野球といえばドラゴンズ。頑張ってほしい」(浅井)、「昨年プライベートでナゴヤドームに応援に来た試合は、全て中日が勝ったので今日も勝利を願ってます」(熊崎)、「熊本出身ですが、SKEに入ったからには名古屋の人として全力で中日を応援します」(井上)、「SKEがナゴヤドームに来たら勝つという流れになってほしい」(竹内)とそれぞれ竜ナインに熱いエールを送ったが、投手陣が西武打線に18安打を許すなど大炎上し、2―16と惨敗。残念ながら勝利の女神となることはできなかった。