NGT中井りか「偽造インスタ騒動」を追跡

2019年06月03日 17時00分

インスタグラムの投稿が偽造された中井りか

 NGT48の元メンバー・山口真帆(23)が昨年12月に暴行被害を受けたことを発端とする騒動の余波は、6月に入っても収まる気配がない。NGTメンバーの中井りか(21)のインスタグラム投稿を装った悪質な“偽造画像”が拡散する一方、TBS系人気情報番組が別人のSNS上の発言を元NGTの山口真帆のコメントとして取り上げたことを謝罪する事態になっている。

 先月31日の夜、インターネット掲示板に中井のインスタグラム投稿を装った“偽造画像”が突如としてアップされ、拡散する事態になった。

 当該画像はインスタの24時間で消える「ストーリー機能」を使った投稿をスクリーンショットしたような画像だったが、驚くのはその文面。真っ黒な背景に「そろそろ気がすんだんじゃない? 嘘ついて仲間売ってまでグループめちゃくちゃにして移籍とか人間のやることじゃない ろくな死に方しない」と記されており、左上には中井のインスタグラムIDとアイコン写真が示されていたのだ。

 固有名詞こそないが、先月18日にNGTを卒業し、大手芸能事務所「研音」に移籍した山口を批判したものだ、と一時炎上する騒ぎになった。

 NGTでは先月21日から、SNS指導が徹底できるまで、全メンバーのSNSによる発信を停止中。それだけに、もし中井が投稿したとすれば、その内容からも許されるものではない。ただ背景が真っ黒になっていることなど、おかしな点が数多くあり、すぐさま「偽造」「捏造」を疑う声が噴出した。

 本紙の取材に対し運営関係者は、本人に確認したところ中井は投稿を行っておらず、偽造された画像であると認めた。運営側は、偽造した制作者や投稿者らに対しての法的措置も検討しているという。

「中井本人の画像と信じたネット民も多く、中井への激しいバッシングも起きてしまった。ネット上でこうした偽造画像が一度出回ると、尾ひれがつきながらまるで真実のように拡散されていきますから。実際、大なり小なり同じような被害を経験した芸能人は少なくありません。犯人もなかなか捕まらず、事務所サイドも対応に苦慮しているのが現状です」(芸能プロ関係者)

 また、2日に放送されたTBS系の情報番組「サンデー・ジャポン」では、5月26日の放送回で別人のSNS上の発言を「元NGT48の山口真帆のもの」として取り上げたことを、山本里菜アナが謝罪した。

 山本アナは「先週、この番組でアイドルグループNGT48の話題をお伝えした際、山口真帆さんがSNSに投稿したとして紹介したコメントのうち『3人は望んで卒業した訳ではありません、その意味を考え続けてください』という部分は山口さんのものではありませんでした。お詫びして訂正いたします」と、深々と頭を下げた。

「26日の番組終了直後から、ネット上では『捏造だ』『事実と違う』などとすぐさま声が上がった。こうした素早い指摘により、余計な波紋が広がることはなかった。これは中井の場合と違って、ネットの良さといえるでしょう」とは芸能関係者。

 TBSは先月29日の社長会見で、番組担当者がVTR作成者の「単純なミス」と認め謝罪し、SNS上のコメントの確認を徹底するように指導したことを明かした。

 山口の卒業後も、NGTの人気メンバーを「殺す」と書いた紙をファクスで報道機関に送信して脅したとして、無職の男が逮捕される事件も起きている。
 SNS上ではいまだに同じような過激なコメントも散見される。騒動の終わりはいったいいつになるのか?