ゆきりん“ファン・ファースト”で発案したフリーイベント大成功「続けていきたい」

2019年06月01日 17時56分

スペシャルイベントを開催したAKB48 (C)AKS

 アイドルグループ「AKB48」が1日、千葉・柏市のセブンパークアリオ柏スマイルパークで「梅雨を吹き飛ばせ」スペシャルイベントを開催した。

 ショッピングモールでの屋外フリーライブイベントに登場したのは、イベント発起人の柏木由紀(27)、AKB48グループ総監督の向井地美音(21)、岡田奈々(21)、小栗有以(17)、込山榛香(20)、倉野尾成美(18)の6人。「恋するフォーチュンクッキー」「ポニーテールとシュシュ」「大声ダイヤモンド」など5曲を披露し、詰めかけた3000人の観客を喜ばせた。

 冒頭MCで、岡田は青空を見ながら「“雨女”で有名な柏木さんがいるにもかかわらず、とても良く晴れました」と話すと、柏木は「“晴れ女”のこみはる(込山)がいたおかげかもしれないです」と、雨が降らなかったことに安堵した。

 また、晴天限定の企画で「365日の紙飛行機」をパフォーマンス中には写真撮影OKタイムが設けられ、ライブ終演後はCD購入者を対象とした握手会も行われた。

 イベント終了後、柏木は「AKB48のイベントに来たことのない、ファミリーの方にも見ていただけてよかったです。さっしー(指原莉乃)がグループを卒業した後、メンバーがやりたいことを実現したい、ファンの方が応援していて楽しめるようなグループにしたいと改めて思い、このイベントを提案させていただきました。今後もこういったイベントを続けていきたいです」とコメントした。