NGT早川支配人が決意表明「運営の責任は責任として背負いながら、やるべきことはやります」

2019年05月26日 22時41分

早川麻依子支配人

 NGT48劇場の早川麻依子支配人が26日、ツイッターでグループのために「やるべきことはやります」と改めて決意表明した。

 早川支配人は24日に自身のツイッターを開設し、元メンバー・山口真帆(23)が暴行被害を受けた事件に関する説明を続けている。しかし、コメント欄は懐疑的な声や怒りであふれ“炎上”状態が続いている。

 そんな中、早川支配人は「このつながりの話は、私が第三者委員会の報告後にメンバーから聞いた話です。私がこのtwitterに書くことは、自分が直接聞いた話や、自分が確認を取れたものだけになります」と主張。

 その上で「これから、運営の責任は責任として背負いながら、やるべきことはやります。私は、メンバーやファンの皆様に迷惑行為をしている『厄介』と呼ばれているファンのことを、本当のファンだと思ってはおりません。メンバーやファンの方のためにしっかりと対処をしていきます」と宣言した。