NGT早川支配人 山口真帆ら卒業に「自分の力不足を痛感しています」

2019年05月25日 00時36分

早川支配人

 NGT48劇場支配人の早川麻依子氏が24日深夜、ツイッターを更新。山口真帆(23)、長谷川玲奈(18)、菅原りこ(18)の卒業について「自分の力不足を痛感しています」とつぶやいた。

 早川氏は「違うことは違うと直接説明したがっていたメンバーの話を3人に聞いてもらう機会をつくることは叶いませんでした」とツイート。「私がちゃんと話をする場を設けてることができていたなら、違う結果になっていたかもしれない。。。自分の力不足を痛感しています」と無念の思いをにじませた。続けて「私が3人のメンバーにできたことは、本人達が望む形にできる限り近い卒業公演の舞台を準備したことだけでした。そんな自分が情けないです。。。」とつづった。

 昨年12月に男2人から暴行被害を受けた山口と長谷川、菅原は騒動が解決しないまま卒業を発表。通常の卒業公演は多くのメンバーに見送られるが、出演メンバーは3人のみ。実際に見送るメンバーのいない前代未聞のスタートだった。ライブ中盤にスペシャルゲストとして日下部愛菜、小熊倫実、角ゆりあ、高沢朋花、高橋七実の5人が登場した。このことから、出演しなかったメンバーは“反山口派”ではないかとの臆測が広がった。

 この日、朝からツイッターを再開し、「メンバーへのケアが足りなかった」「NGT48のファンの皆様、新潟県の皆様を始め、多くの方々に不愉快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます」とつぶやいたが、厳しいコメントが寄せられた。それに対し早川氏は「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたい」「『あくまで噂は噂であって、真実ではない』ということを少しでもご理解して頂ける場になればと思っています」と投稿していた。

 反省、無念の思いを投稿した早川氏は最後に「後悔や無念もたくさんありますが、これからのNGT48のためにメンバーやスタッフと共に進んでいきたいと思います!!」と前向きな言葉で締めくくった。