元AKB総支配人・戸賀崎氏 20日の説明会詳細発表「その場から配信」

2019年05月08日 15時49分

 元AKB48グループ総支配人の戸賀崎智信氏(45)が8日、自身のブログを更新し、NGT48・山口真帆の騒動に言及したとみられる自身のツイッターの内容に関する説明会(20日開催予定)の詳細を発表した。

「20日のミーティングについて、沢山の方からご意見を頂戴しましたので、いくつか当日の運営ついて決定しました」とし「当日、ミーティングに参加する20名については、前日までに整理券配布場所を告知しますので、その場所に整理券を取りにきて頂き、後ほど全員再集合。その場で、その場にいる誰かに抽選ボックスから番号を引く役割を割り当てて、その方に20枚番号を引いて頂こうと思っています」。

 さらに「20名の方とのミーティングの内容については、映像なのか?音声なのか?は決めていませんが、当日その場から配信します」と明かした。

 戸賀崎氏は3月6日、自身のツイッターに前NGT48支配人の今村悦朗氏、前AKB48劇場支配人の細井孝宏氏と3人で写った写真を掲載し「色々と聞いた。みんなくだらないデマに惑わされないように」と投稿。当時はNGT48・山口真帆への暴行問題に関する第三者委員会の調査が行われていた時期だったこともあり、ネット上では批判の声が相次いだ。

 5日に更新したブログでは「3月のツイートが原因で沢山の方からご意見を頂きました。ご意見については受け止めますが、中には僕の職場に葬式の案内を送りつけてきたり、子供の怪我に気をつけろ、殺すなどという脅しもあり、これは、あの誤解を生むつぶやきの説明をきちんとしないことには、こうした、嫌がらせが続く可能性もあると思い、きちんと説明をしたいと考えています」として、20日に説明会を開くことを予告していた。