指原莉乃が涙の卒業スピーチ スタッフに「メンバーのお話をちゃんと聞いてあげてください」

2019年04月28日 20時41分

純白のドレスで登場した指原莉乃

 人気アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃(26)の卒業コンサートが28日、横浜スタジアムで開催され、アンコール後に純白のドレスで登場した指原は、アイドルとして“集大成”となる卒業スピーチを涙ながらに行った。以下全文。

 みなさん、アンコールありがとうございます。4か月前、卒業発表してからあっという間に今日、この日、この時が来てしまいました。

 こんな時じゃないと感謝の気持ちを言えないので、ここで少し時間をください。HKTマネジャー、HKT運営スタッフ、皆さん、今まで本当にありがとうございました。たくさん怒ってごめんなさい。

 皆さんには感謝の気持ちもたくさんあるけど、お願いもあります。メンバーのお話をちゃんと聞いてあげてください。みんな人生をかけてアイドルをしています。ちゃんと話を聞いてください。目を見て何がいけないのか分かるまで教えてください。ワンマンになってはいけない。メンバーを信じて、ファンを信じて、これからも風通しの良いHKTでいてください。

 メークさん、衣装さん、みんなのおかげでこのステージで輝ける。皆さんの力はこのAKBグループの誇りです。演出やコンサートスタッフ、みんなのおかげでアイドルの寿命が延びました。みんなに出会ってから、タレントの仕事も好きだけど、やっぱりステージが好き。わがまま言ってごめんなさい。

 秋元先生、見つけてくれて育ててくれてありがとうございました。私がAKBを好きになったのは秋元さんの歌詞です。今になって歌詞を書いてもらうありがたさを、秋元さんのすごさや偉大さを実感して、感謝しています。恋するフォーチュンクッキーとも出合えて、卒業してもこれからアドバイスをください。

 メンバーのみんな、仲良くしてくれてありがとう。みんなに出会えてよかった。優しくて強い女性になってください。みんななら、ファンの皆さんに幸せを与え続けると信じています。ウソをつけない一生懸命なみんなが大好きです。つらいことがあっても、うれしいことがあっても、いつでも連絡ください。

 そして、ファンの皆さん、アイドルの莉乃ちゃんでいさせてくれてありがとう。優しいみんなに感謝の言葉を伝えるのが苦手で、本当にごめんなさい。どんな時も守ってくれて本当にありがとう。


 他のアイドルが好きになることもあると思います。そんなことで怒りません。でも、恥ずかしい行動はしないでほしい。アイドルに優しくしてね。イジリや説教する人にはならないでください。アイドル・指原との最後の約束です。ちゃんと幸せでいるから、みんなも幸せでいてね。

 本当に幸せでした。アイドルになったことを一度も後悔していません。一度もやめたいと思ったこともありません。アイドルという仕事が大好きでした。

 みんなのことも大好きです。本当にありがとう。

関連タグ: