指原卒コンに松本人志登場 裕也さんに扮し「こいつがやれって」

2019年04月28日 19時48分

内田裕也さんに扮した松本人志(右)と指原莉乃

 人気アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃(26)が28日、横浜スタジアムで卒業コンサートを開催した。

 指原自ら厳選した75人のメンバーが出演。オープニングから〝卒業式〟を意識した振り袖姿で登場した指原は「皆さん、今日は楽しい思い出をつくりましょう!」とAKBでのセンター曲「#好きなんだ」などを披露。「あれれ、皆さん、泣いてるんじゃないですか? 泣くな! 叫べ~!」と会場を埋めた約3万人のファンをあおった。

 冒頭MCで、ファン有志がプレートを持ち、後方スタンドに「WE♡RINO」という大きな文字を映し出した。これに「ありがとう! うれしいです」と早くも感動で目を潤ませた。

 指原は2008年にAKBの5期生として劇場公演デビュー。12年5月に週刊誌で異性スキャンダルが報じられ、同6月にHKTへ移籍。13年の「AKB選抜総選挙」で初の1位になると、15~17年には史上初の3連覇を果たし、史上最多4度の女王に輝いた。

 その総選挙で何度も女王の座を争った元AKBの渡辺麻友(25)もサプライズ登場。親友同士でもある2人の唯一のユニット曲「アボガドじゃね~し…」を歌唱した。

「ふざけ合っても全部受け止めてくれた。私にとって何でも許してくれる特別な存在。本当に魅力あふれるアイドルだった」と振り返った渡辺から「さっしー、卒業おめでとう~!」「さっしーのためなら、何でもするよ」と声をかけられると、指原は「ありがとう」と笑顔で感謝した。

 また、指原は3月に亡くなった内田裕也さん(享年79)とのコラボ曲「シェキナベイベー」も披露。内田さんの映像をバックに歌っていたが、途中からお笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(55)が内田さんになりきってサプライズ登場してデュエットした。

 指原はフジテレビ系「ワイドナショー」でも共演する松本は「こいつ(指原)がやれって言ったんです。完全に怒られるやつ。裕也さんと(樹木)希林さん、こいつを何とかしてください!」と裕也さんに変装した責任を押し付けた。

 さらに松本が「怖いやつなんです。『来てください』って圧をかけてきて」と明かすと、指原は笑顔で「松本さん(芸能界から)干されなくてよかったですね」とニヤリ。数日前から衣装合わせをしたという松本は、午後2時からリハーサルをしたことをぼやきつつも「すごいな~。図太さというか…これからも期待してます」と押しの強さに驚き、卒業後の活躍にも太鼓判を押した。

 松本は「俺の(芸能界)卒業の時も来てよな」と冗談を飛ばしてステージを後に。指原は「すごくないですか! 皆さん、初まっちゃんじゃないですか!」と大物ゲストからのサプライズお祝いに興奮した。

関連タグ: