指原莉乃 NGT運営に苦言「ご両親の気持ちも考えないといけない」

2019年03月27日 12時26分

リポーターから質問を受ける指原

 人気アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃(26)が27日、都内で行われた、日本コカ・コーラの「からだすこやか茶W」の新CM発表会見に出席した。

 4月1日から同商品をリニューアルして発売。指原が出演する新CM「唐揚げ定食」篇は翌2日から全国放送される。

 発表会後、指原はNGTメンバー・山口真帆(23)が昨年12月、男性2人から暴行被害に遭った件について、公の場で初めてコメント。

 報道陣の質問を受け、その場で立ち止まった指原は「ご両親がどんな気持ちで(山口)本人を預けて、どんな気持ちで本人が活動していたかを運営も考えないといけません」と苦言を呈した。

 指原は自身でも「=LOVE(イコールラブ)」「≠ME(ノットイコールミー)」の2つのアイドルグループをプロデュースする立場。それだけに「私も運営としてグループをプロデュースする身として、メンバーがどんな気持ちで来たか、ご両親がどんな気持ちで送り出したかを考えないといけないなと改めて思いました」と話した。

 「山口から連絡があったか?」という質問については回答しなかった。

 指原は、レギュラー出演する24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、運営側が22日に行った第三者委員会による調査結果報告会見に「私の周りは全員納得していない」と憤りをあらわに。「これで解決したと会社が思っちゃいけない。何とかしないと。本人が納得するまで」と“再調査”を求めていた。

関連タグ: