【NGT48調査報告会見・終わり】嫌がる山口に謝罪を強要したわけではない

2019年03月22日 23時33分

会見を行った松村氏

【NGT48調査報告会(22日)出席者=AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人・岡田剛氏】
 
〈報道陣との一問一答・終わり〉

 ——今後、改めて第三者委員会の先生を同席した上での説明を行うことはできないか

 松村氏:検討させていただきますけども、この報告書と私どもの会見で進めていかなければなというふうに思っております。

 ——報告書を受け取ってから、今日まで第三者委員会の先生とは報告書の中身についてどの程度のやりとりを

 松村氏:独立性という意味で、第三者委員会の先生とのやりとりはしておりません。

 ——3回目かもしれないんですが、第三者委員会の前に松村さんが山口さんに「繋がりのある人間は解雇する」とおっしゃったというのは事実か

 松村氏:それは「繋がりがはっきり分かった場合は」というような話はしました。

 ——今村前支配人は結局表に出ない。繋がりがあったメンバーを不問に付したりとか、曖昧な対応をしたのはなぜか

 松村氏:報告書の指摘にありますように、支配人のやることは多岐にわたっている。そのあたりの権限とか、人事権の話とかが不明確であったという指摘も受けています。それは本当に私どもの問題であり、彼だけの問題ではないのかという感じはしております。

 ——具体的にファンとの私的な交流で不適切だったのは何か

 松村氏:これは今、申し上げた通り、我々から見て一部のファンの方を優遇する行為であったり、あとは誤解を招く行為であったりということでございます。

 ——優遇している例を教えてほしい

 松村氏:いろいろな、多岐にわたるかなと思います。

 ——コミュニケーションを強固にすると言っているが、具体的に例えば人員を増やすとか、社内でこういう組織を立ち上げるとかあるのか

 松村氏:スタッフの数を増やしていくことは検討しています。ただ、人数を増やせばそれでいいのかということもありますので、まずはスタッフの意識を一人ずつ向上させていく、私も含めて急務かなと。

 ——山口さんはツイッターで謝罪を強要されたといったが、松村さんは否定された。松村さんの方から何か言うわけではなく、山口さんが自ら謝ったということか

 松村氏:そこまで簡略化になるとあれなんですが、どうしようというところから話が始まって、そうしますというふうになって。すごく嫌がっている彼女を無理やりそのようにした(謝罪させた)ということではないと理解していただければ。私の方からぜひそうしてくれというような、強要というようなことはございません。

関連タグ: