【NGT48調査報告会見7】なぜ1人は処分して12人だと不問

2019年03月22日 23時31分

AKS運営責任者兼取締役・松村氏

【NGT48調査報告会(22日)出席者=AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人・岡田剛氏】
 
〈報道陣との一問一答・7〉

 ——(暴行被害を受けた)山口真帆さん(23)のツイートで松村さんが第三者委員会が行われる前に、「繋がっているメンバーを全員解雇する」と約束したってあるんですけど、事実でしょうか

 松村氏:繋がりということで言うと、この報告書にも、あいさつでも繋がりだという指摘も受けております。非常に微妙なところなのは間違いございません。ただ、1月14日の囲みの時にもお話ししたように風紀の乱れは、一緒にやっているメンバー、多くのファンの方々への信頼を失墜させることなので、これはやはり慎重に進めていかなければいけないことだと思っております。

 ——昨年12月末に同じような事案で1人活動停止、処分されてるメンバーがいますが、なぜ1人は処分して12人だと不問だと。人数が多ければ不問にするのか

 松村氏:人数が多いからよりも、先ほどから申し上げてますように書面や面談による話なので、私どもが知ったのは18日にこの報告書を受けて初めて見てから。確証がないということ。あくまで書面による回答と、面談の中で話が出てきたと書いてございます。

 ——今後、また調査して、確証というのがあれば処分するのか

 松村氏:そうですね。それも含め、メンバーとのいろんなコミュニケーションをしっかりしていくということを改めて調査報告書を見て感じていることなので、ここにおります早川、岡田、私も含め、しっかりやっていきたい。

 ——山口さんは、その後に「処分してほしい」と松村さんに連絡しても返事がなかったと主張。なぜ連絡を返さなかった

 松村氏:連絡は当然しているんですけれども、彼女がそういうふうに言うんであれば、それはもう僕の不徳の致すところっていうか、というしか答えられないなっていう。

 ——なぜ返事を返せなかったのか

 松村氏:今申し上げましたように第三者委員会の報告を見なければいけないことと、何か証拠がないと。処分うんぬんの以前の問題かなと思いますので、そのようなことを連絡はしております。

 ——今後は証拠を出すための調査をする

 松村氏:はい。

関連タグ: