【NGT48調査報告会見6】繋がりメンバー不問で山口さんが復帰できるのか

2019年03月22日 23時30分

調査報告会を行った(左)から早川氏、松村氏、岡田氏

【NGT48調査報告会(22日)出席者=AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人・岡田剛氏】
 
〈報道陣との一問一答・6〉

 ——報告書で、メンバーがやってないと言ったことだけで分からないという結論なら納得できるが「関与がない」と判断したのか? 根拠は

 松村氏:(山口真帆への暴行の)被疑者に対して第三者委員会が被疑者調査に協力するようにという話があったと思うんですが、それを被疑者の2人が応じなかったことがあると思います。

 ——AKSは調査報告で新潟という地域性ということに関して、否定していた。報告書を全てうのみにするのではなく、それぞれ判断しているというふうにこちらも受け止めるが、意見が2つある中で片方の意見で「関与がない」と判断するに至った理由とは

 松村氏:これは事件の内容に関することなので、もう第三者委員会の先生方の判定で。我々としては、調査報告だと思っている次第です。

 ——報告書によると、結果的に被疑者になった男性と繋がったメンバーがいることは、ほぼ間違いないと判断できる。その被疑者と繋がったメンバーが不問で残留しながら、山口さんが復帰できると考えているのか

 松村氏:(山口が)今リアルタイムでツイートをしていて…。本当に話し合いをしていかなければ厳しいのかも、話し合いをしっかりしていくことしかないのかなというふうに思います。

 ——事件が発覚してからも2か月以上たち、コミュニケーションを取る機会はあったと思うが、山口さんのツイートを見ると、話し合いでどうにかなるレベルとは思えないが、話し合いしか解決方法は今のところ考えていないのか

 松村氏:それ以外にないかなと。これをもう続けていくしかないのかなと感じております。報告書で指摘を受けておりますし、改めて本当にこの組織、AKBの体制の不備というのを本当に立て直さないといけないなということを、さらに深く感じた次第でございます。

 ——12月9日に被疑者が逮捕されて、同28日に不起訴処分になっているが、この不起訴処分に関してAKSと示談交渉した事実は

 松村氏:ございません。

 ——不起訴処分後にAKSから警察に再捜査を求めた事実は

 松村氏:AKSが再捜査を求めた事実はございません。刑事事件なので和解ということもございません。

関連タグ: