【NGT48調査報告会見4】風紀の乱れを事実確認しないまま「不問にする」

2019年03月22日 23時28分

調査報告会を行った(左)から早川氏、松村氏、岡田氏

【NGT48調査報告会(22日)出席者=AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人・岡田剛氏】
 
〈報道陣との一問一答・4〉

 ——報告書ではファンと12人のメンバーとの繋がりが指摘されている。AKSでは“裏取り”しているのか

 松村氏:いや、あくまで報告書でございますので、今後対応をしなければいけないと思いますけど、これは書面の回答と面談で出てきたもの。こういうことが起こることをしっかり受け止めて、今後の運営に役立てたい。

 ——事実確認をしないまま「不問にする」と。あいまいなままにする

 松村氏:繋がりうんぬんは、あいさつが、という部分もありますので…。まあ、これも引き続きメンバー、スタッフ間でしっかり誤解を招くことがないようにしていただきたい。

 ——これは申告制の調査で「処分をしないから、正直に答えてほしい」というやりとりはあった

 松村氏:これに関しては我々は第三者委員会にお任せしているので。我々がそうしたことはない。

 ——一部で、今村さんがメールで「繋がりのあるメンバーは名乗り出て」と促したとの報道もあった

 松村氏:それも拝見して、事実はあったかと思いますけど、そのやりとりを当時じゃなく、後になって我々も理解した。これはガバナンスの問題で、非常に問題がある。反省するしかない。

 ——選抜総選挙の開催見送りに今回の事件は関係するのか

 松村氏:それは一切、関係ございません。選挙に関しては昨年で10年で10回ということで、一定の役割を果たしたのかなと思いました。

 ——事件が発覚した山口さんのツイートは間違いだった、と

 松村氏 間違いというわけではなく…。今後はやはり話し合いをしなければと思います。

 ——山口さんが今、発信しているツイートの、どの当たりが正しいのかはっきりさせてほしい(スマホを見せながら記者が詰め寄る)

 松村氏:(見ながら)謝罪を強要するようなことは一切ありません。山口と今後もNGTを元の形に戻るべくしたいので、お気持ちは分かりますが、(回答は)差し控えさせていただきたい。

関連タグ: