山口真帆 運営への不満爆発にファンは「もうメンバーの名前とか全部話したら」

2019年03月22日 15時07分

運営との亀裂は決定的に

 アイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)が22日、ツイッターでNGT48の運営会社「AKS」への怒りを爆発させた。

 AKSは新潟市内で会見を開き、第三者委員会による調査結果を説明した。報告書に基づき、山口への暴行について他のメンバーの関与はなかったと結論づけた。

 ただ、山口は会見中からツイッターを更新し「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました」と不満をあらわにした。

 さらに自身が謝罪に至った過程についても、松村氏から「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われたと暴露。

 会見に出席した松村氏ら3人のこれまでの対応を「私の思い込みのように虚偽の説明をしていました」と非難し、「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」と悲痛な叫びを上げた。

 山口の中では、他メンバーへの疑惑が晴れるどころか、最初から変わっていないことが判明。このまま「解雇」とならず、無罪放免になることには到底、納得できない様子だ。

 フォロワーからは「山口真帆さんを1000%支持します!!」「みんな、山口さんの味方です」「AKSは自浄できないことが明確になりました」「もうメンバーの名前とか全部話したら」などと山口を支持する声が相次いでいる。

関連タグ: