SKE48小畑優奈が3月いっぱいで卒業「アイドルとしての目標はやり切った」

2019年02月12日 22時58分

小畑優奈

 SKE48の小畑優奈(17)が12日、名古屋市内のSKE48劇場で行われたチームKII公演で、グループからの卒業を発表した。3月いっぱいでアイドルとしての活動にピリオドを打つという。

「私、小畑優奈は3月末をもちまして、SKE48を卒業させていただきます。アイドルとしての目標はやり切ったと思うので新しい道に進みたい。残り少ない小畑優奈のアイドル人生、よろしくお願いします」

 公演の最後に小畑から衝撃の発表が告げられると、ファンの間からは驚きの声が上がった。

 関係者によると小畑は昨年の秋ごろには「自分の中ではやり切りました」と卒業を決意。アイドルとは別の道に進む意向を運営サイドに伝えていたという。

 小畑は2015年3月にSKE48第7期オーディションに合格。17年7月に発売された21枚目のシングル「意外にマンゴー」で、初選抜ながら初センターに大抜てきされた。22枚目のシングル「無意識の色」(18年1月発売)でも2作連続でセンターを務めるなど、名古屋の次世代エースとして期待されていた。昨年2月には中京スポーツ(東京スポーツの中部版)の50周年記念アンバサダーにも就任していた。