NGT48劇場支配人から“更迭”の今村氏がAKS「取締役室」付けに

2019年01月18日 11時10分

今村悦朗氏

 山口真帆(23)暴行事件時にNGT48劇場支配人で、事実上の更迭となった今村悦朗氏(59)が14日付で、グループ運営会社「AKS」東京本社の「取締役室」付けに異動になっていたことが17日、分かった。

 関係者は「“取締役室”という名称から、偉くなったというイメージを抱く人もいるかもしれないが、けっしてそうではありません」と強調。メンバーのマネジメント業務に直接関わる部署ではないが、NGT48ならびにAKB48グループのサポートを行うという。

 今村氏はNGTの公式サイトで14日未明、役職は明らかにされなかったものの、異動することが発表され、新支配人に早川麻依子氏、副支配人に岡田剛氏が就任することも発表されていた。

 14日のAKB48グループ成人式後に行われた運営側の会見では、運営会社「AKS」の運営責任者兼取締役の松村匠氏、早川新支配人、岡田副支配人の3人が出席。しかし、事件後に公の場に姿を見せなかった今村氏は、この日も不在。ファンからも説明責任を問う声が上がっていた。

関連タグ: