元SKE48大矢真那 休養中の松井珠理奈について「ちょっとまだいろいろ言えないので」

2018年08月29日 21時00分

大矢真那

 元SKE48の大矢真那(27)が29日、東京・練馬区のIMAホールで行われたアクロバットステージ「Infini―T Force」(同所で9月2日まで)の公開ゲネプロ終了後、取材に応じた。

 同作は昨年、老舗アニメ会社「タツノコプロ」の創立55周年を記念して制作された。これまでテレビアニメ、劇場版映画が公開されているが、舞台版はそれらとは異なるオリジナルストーリーで、プロのスーツアクターが見応えあるアクションを繰り広げる。

 大矢は「実は人生で初めて髪の毛を染めた。地毛が茶色なので、黒髪に染めてエクステをつけている。この黒髪を見てほしいな」と役作りで髪色を変えたことをアピール。

 さらに「これまでの女子アイドルグループから、周りに男性が多い環境になった。ただ、女子ばかりの動物園的な感じと、今回の現場の雰囲気はそう変わらなかった」と笑みを浮かべた。稽古の雰囲気はとても和やかだったようだ。

 卒業してそろそろ1年になるが、いまだにメンバーとは交流があり、SKE絡みの仕事もこなしている。

 にもかかわらず「恥ずかしいので、舞台をやることはメンバーの誰にも言っていない。ゲネプロに元メンバーが来ていたらしいと聞いたが、会わなかった。誰か? う~ん、誰だろう。え~と、本当にメンバーの名前覚えが悪くて。皆が知っているメンバーなんだけど」と、わざわざ足を運んでくれた元同僚の名前を思い出せなかった。

 初の超本格アクション大作だけに、初日の出番を数時間後に控えて、尋常でないほど緊張しているのだろう。

 そんな大矢は、体調不良で休養中の松井珠理奈(21)について尋ねられると「ちょっとまだ分からない。連絡は取っているか? ちょっとまだいろいろ言えないので」とコメントを控えた。

 会見には元ジャニーズJr.の井澤勇貴(25)、小坂涼太郎(22)、大崎捺希(23)、小波津亜廉(27)、脚本・演出を担当した吉田武寛氏(33)も出席した。

関連タグ: