AKBのMV撮影現場で起きた超現象 長期休養中・珠理奈の幻影

2018年08月24日 11時00分

後姿は代役を立てた

 これぞ真夏のミステリー!? AKB48の53枚目シングル「センチメンタルトレイン」のミュージックビデオ(MV)の撮影現場で、摩訶不思議な現象が続出していた。総選挙で第1位に輝いたSKE48松井珠理奈(21)が“主役”を飾るはずだったが、周知の通り長期休養のため不在。そうした中で行われた撮影で、現場にいないはずの珠理奈を感じたメンバー、さらにUFOのような光を見たスタッフも現れたという――。

 9月19日に発売される「センチメンタルトレイン」のMVが23日、解禁された。

 6月16日に開票されたAKB48グループ最大のイベント「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙(第10回AKB48世界選抜総選挙)」の結果を受けた同シングル。初女王に輝いた珠理奈がセンターとして、MVでも主役を演じるはずだったが、体調不良による長期休養のため、センター不在という前例のない異常な状況の下で撮影は行われた。

 MVを確認すると、珠理奈の出演部分は、絵コンテやCGで表現されている。絵コンテは「放浪息子」「青い花」などで知られる漫画家・志村貴子氏が担当。通常の絵コンテを超えた漫画独自の繊細なタッチで、珠理奈の表情の変化がバッチリ描かれている。

 レコード会社関係者は「珠理奈が復帰した際には追撮・再編集した“完全版”を制作します」と本紙に明かした。またAKB関係者は「復帰時期は未定ながら、珠理奈は少しずつ元気を取り戻しています」と言う。

 MVは付属の女子高を併設する女子大が舞台で、学園生活の中に現れた不思議な転校生との触れ合いを描いたもの。この転校生役を珠理奈が担当する。

 別のAKB関係者は「ただ珠理奈は不在なので、絵コンテやCGで表現はしていますが、後ろ姿などは代役を立てて演じてもらいました。顔は見えていませんが、珠理奈には全然似てなかった。でも、撮影が進むうちに徐々に珠理奈が乗り移ったような感じになって…。声も似てきて、いないはずの珠理奈をそこに感じたメンバー、スタッフが続出した」と明かす。

 実際、総選挙で第2位にランクインしたSKE須田亜香里(26)も「今回、このMVを見て私にはまるで『幻』のように、そこにいないはずの珠理奈さんの姿が見えて…、目を疑ってつい巻き戻してしまいました。このMVを見てくださった方も、(珠理奈を感じ取ることができて)びっくりするんじゃないかなと思います」と話した。

 MVの歌唱シーンは、1人少ない選抜メンバー15人でパフォーマンス。珠理奈がセンターとして戻ってくることを想定し、総選挙2位の須田と3位のHKT48宮脇咲良(20)がダブルセンターのような形を取り、珠理奈のポジションを空けて歌唱した。

「撮影時はメンバー用のお弁当や水の入ったペットボトルも15人分ではなく、珠理奈を入れた16人分を用意していた。メンバーやスタッフはまるで珠理奈がいるように、撮影していた。ドラマシーンでの代役の人がどんどん本人に見えてきて『珠理奈さんがいる!』と思わず口にした者もいた」(同)

 MVでは、宮脇らが天体観測をするシーンがあり、最後に珠理奈が光とともにメンバーの前から消える。このシーンを撮影した際、夜空に高速で動く、UFOらしき光まで現れた。「珠理奈を心配して見に来たのでは?」と語るスタッフも出現したほどだったという。

 須田も「珠理奈さんのファンの方は、もしかすると少し寂しい気持ちになるのかもしれないですが、珠理奈さんがそこに確かに『存在する』MVになっています」とキッパリ。人間だけではなく、霊も宇宙人も新女王の復帰を願っているのかもしれない?