SKE48矢作有紀奈 かつて受験した東京医科大の得点操作発覚に「1点引かれてたのかあ…」

2018年08月03日 11時29分

矢作有紀奈

 東京医科大(東京都新宿区)の受験に失敗した過去を持つSKE48の矢作有紀奈(23)が2日、自身のツイッターに「私も医師を目指していただけに悲しい  ○年前にこの大学を受験したんです… 1点引かれてたのかあ…」と投稿。同大学が医学部医学科の一般入試で女子受験者の得点を一律減点していたことに対してのやるせない胸中を吐露した。

 矢作は現在、歯学部に通う3年生。「もともとアイドルさんに憧れていたんですけど、受験勉強に人生をかけていてアイドルになることをあきらめていたんです。医療系の学校に行きたくて2浪しました。医学部も目指していたんですが、残念ながら…。歯医者さんにもなりたかったので歯学部に入りました」と昨年、本紙のインタビューで語っていたように医師になることを目指して2浪したが、本命の医学部受験には失敗。現在は歯科医になるため勉強中だ。

 同大学では女性は結婚や出産などの理由から退職するケースが多いことから、系列病院などの医師不足を回避するため、2011年前後から女子合格者を全体の3割前後に抑えるよう得点操作が行われていたという。もしも得点操作がなければ矢作自身の運命も変わっていた可能性があるだけに、目指していた大学で女子を不当に差別する入学試験が行われていたことにはショックを受けているようだ。

関連タグ: