【AKB48世界選抜総選挙】松井珠理奈が地元・名古屋で悲願の女王に!「48グループをアイドルのトップに」

2018年06月16日 21時48分

1位に輝いた松井珠理奈

「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)で、SKE48・松井珠理奈(21)が19万4453票を獲得し、初の女王に輝いた。2位・須田亜香里(26)とのワンツーフィニッシュに地元・名古屋は大歓喜。SKEのエースがグループ結成10周年の記念イヤーに見事、48グループのセンターを勝ち取った。

「圧勝です。獲得票数は19万4453票。SKE48チームS、松井珠・理・奈!」。10回目となる総選挙で最後に名前を呼ばれたのは名古屋最強のエース。ナゴヤドーム全体から沸き起こった祝福の拍手と歓声に、珠理奈は高々と両手を挙げて応えた。

「今日は泣きません。だって感謝しかないもん。いつも応援してくださって、私をここまで連れてきたくださった皆さん。名古屋でこうやって総選挙をできたのはAKBのおかげです。そして後から追いかけてくれる後輩たちがいるから、SKEがいます。私は総選挙1位がゴールだと思ってやってきました。だから卒業しません。48グループにまだ必要と思ってもらえてるんだなって。泣かない。まだ私たちが戦わないといけないところがあります。48グループを1位にしないと気が済まない。みんなを信じて、また48グループはアイドル界のトップになれます。なりたいじゃダメなんです。なるんです」

 珠理奈は「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝。2016年の「AKB48単独リクエストアワーセットリストベスト100」では、ソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」が1位を獲得と48グループの主要イベントでトップを取ってきた。そして今回、10度目の挑戦でついに総選挙の頂点に。48グループの歴史の中でも「選抜総選挙」「じゃんけん大会」「リクエストアワー」の3つ全てでトップになったのは珠理奈ただ一人だ。

 すさまじい重圧と戦っていた。SKE結成10周年の年にホーム・名古屋で行われる総選挙となれば、栄の絶対的エースに求められるのは1位の称号だけ。「今までで一番プレッシャーを感じてます。名古屋を背負ってという気持ちがあるので…。ドキドキして眠れない夜が続きそう」。5月30日の速報発表後には不安な気持ちを漏らした。

 午前9時30分から行われたオープニングアクトでは途中で泣き出し、倒れてしまった。一塁側内野席の一角を占めていた自分の「推し席」近くでのハプニング。珠理奈の応援カラーである緑とオレンジのペンライトで埋まった光景を見て、思わず感極まったのか…。スタッフに抱えられて一時退場し、場内は騒然となった。午前10時30分から始まったコンサート本編では復帰したが、他のメンバーとMCがかみ合わないシーンが見られるなど、明らかにいつもの珠理奈とは違っていた。

 それでも地元・名古屋で主役の座を譲るわけにはいかない。総選挙での入場の際には満面の笑顔で元気なところをファンにアピール。SKEのメンバーが名前を呼ばれるたびに立ち上がって祝福を送っていた。

「ファンの皆さんが一番です。本当にありがとうございます」と自分を頂点に押し上げてくれたファンに感謝を述べた珠理奈。プロ野球の中日ドラゴンズもサッカーの名古屋グランパスも最下位に低迷し、なかなか熱くなれなかった名古屋の街をSKEのエースが見事に盛り上げた。

関連タグ: