【SKE連載10】小畑優奈の決意「SKE=珠理奈さんというイメージを変えたい」

2018年05月30日 16時30分

16位以内を目指す小畑

【ナゴヤドームのヒロインは君だ(10)】昨年、松井珠理奈の“定位置”だったセンターに抜てきされ、SKEに新風を吹き込んだ“ゆなな”こと小畑優奈(16)。7月4日に発売される新曲では珠理奈に再びその場所を譲ったものの、7期生の起用はメンバーとファンに大きな刺激を与えた。期待の新星からグループを引っ張る存在へと変貌を遂げたゆななは、責任を果たすためにも今回、ある決意を持って「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」(6月16日=ナゴヤドーム)に臨む。

 ――「意外にマンゴー」(昨年7月発売)「無意識の色」(1月発売)と2曲連続でセンターを務めてきた。約1年を振り返って

 小畑:最初に選ばれたときは本気でびっくりして、カメラが回っていたのに反応できませんでした。家に帰って、芸能界に入るきっかけをくれた(応募してくれた)おばあちゃんに報告したら、すごく喜んでくれて。その姿を見て頑張ろうと思いました。その後、一人で考えてみたんです。喜ぶだけじゃなく、選ばれたからには何か意味がある、変わらなきゃいけないんだなと感じて、そこから意識を切り替えました。

 ――変わらなきゃいけない、というのは

 小畑:SKEは珠理奈さんのイメージがありますよね。そのイメージを変えるというか、いい意味で変わらなきゃいけないんだろうな、というのが自分なりに考えて出た答えです。私が選ばれたということは、若手が引っ張って突っ走っていく、そういう時代にならなきゃいけないのかなって、勝手に読み取りましたね。うん。

 ――先頭を走っていくんだと意識が変わった中で迎える総選挙ですが、目標の数字は

 小畑:今年は16位以内に入りたいです。いつもアンダーガールズ(17~32位)と言っているんですけど、本当のことを言うと16位以内に入りたい。SKEのセンターやAKB48の選抜にも何度か選んでいただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいなんですけど、私がここにいていいのかと感じるときもあります。上には上の方がいますし、胸がざわざわするというか、プレッシャーも感じるときもある。16位という目標を口にするのはすごく不安でもあるんですけど、入れたら「SKEの代表だ」って胸を張れると思うんです。去年(初ランクインで)72位だったのですが、すごく自信になりました。「ああ、目に見える結果ってこんなに大事なんだな」と気付かされたんです。

 ――ただ72位から16位以内はかなり高い目標だ

 小畑:そうですね。かなり高いですね(笑い)。絶対、昔の私じゃ言えなかったと思います。今も少し怖いけど、でもその目標に向かって頑張りたい。

 ――ファンの反応は

 小畑:私の言葉についてきてくださいます。普段こういうことも言わないし、ブログもいい感じに書けなくていつも心配されるんですけど(笑い)、年に1度ワガママを言ってもいいんじゃないかと皆さんが背中を押してくださるので、今年は結構熱いブログを書きました(笑い)。

 ――センター効果や高校生になったこともあって、水着などグラビアの仕事も新経験した

 小畑:絶対、水着の仕事は回ってこない人だと思っていたんです。キャラ的にも。でも実際やってみたらファンの方の反応がうれしかったし、雑誌を見返してみたら「私、こんな表情ができるんだ」と発見がありました。

 ――ちなみにダイエットやトレーニングは…

 小畑:気にするんですけど結局食べちゃうんです。だから自然体です。つくってません(笑い)。

 ――活動の広がりといえばAKBの選抜にも入った

 小畑:AKBの選抜は本当にすごいことなので、自分が入っていることがまだ夢のような感じです。

 ――SKEとの違いは

 小畑:王道さ、かな。AKBはかわいです。SKEがかわいくないというのとは違うけど(笑い)、振り付けも衣装も、アイドルだなと感じます。

 ――視野が広がる半面、同期の後藤楽々が学業のために一時休業した

 小畑:事前にたくさん話してくれたので、まだ心の準備はできてましたけど、ショックでした。同期の中で一番仲がいいし、信頼していて相談もできたメンバーだったので。すごく寂しい。でも前向きに自分のやりたいことを頑張ってやるっていっていたので、応援したい。

 ――ファンから「ゆらら」(小畑&後藤コンビの愛称)でのダブルセンターを見たいといわれていたが

 小畑:諦めてません。果たすまで終われないなって思ってます。

 ――その未来のためにもナゴドで輝かないと

 小畑:握手会とかしか経験がないので(ステージに)立ちたい。「ファンの方と一緒にハラショー言いたいです」って言ってます。

 ――ハラショー(ロシア語で良い、すばらしいなどの意味)が浸透してきた

 小畑:私、ラブライブというアニメが好きで、そのキャラクター(絢瀬絵里)が使っていたんです。それをラジオ(東海ラジオ「SKE48 1×1は1じゃないよ!」)で言ってたらファンの方に広まって、一緒に言ってくれるようになりました。

 ――その夢がかなったら、次の夢は

 小畑:アニメが好きなので声優にチャレンジしてみたい。そういうお仕事ができたらうれしいですね。

【次回は佐藤佳穂が登場】

☆おばた・ゆな=2001年12月18日生まれ。愛知県出身。15年3月7期生に合格。11月に正規メンバー昇格。ニックネームはゆなな。総選挙の結果は圏外・圏外・72位。

※6月14日(木)発行の中京スポーツ(中部地区で発売)ではSKE48の特集記事を掲載。小畑優奈らインタビューメンバー14人の直筆サイン入りチェキプレゼントもあります。

関連タグ: