竹林密会・秋元アナようやく離婚でフジ“ひと安心”もいまだ不倫否定の仰天

2018年05月05日 11時00分

ついに離婚した秋元優里アナ

 離婚協議中だったフジテレビの秋元優里アナ(34)と生田竜聖アナ(29)が、4月に離婚していたことが明らかになり、フジテレビに安堵の空気が広がっている。

 もともとアナウンス室の先輩と後輩だった2人は、2012年の夏ごろに交際を始めると同年クリスマスにスピード婚。アナウンサー同士の局内結婚というタブーを破ってまで一緒になったことが話題を呼んだ。

「当時は、美男美女の両アナが愛を貫いたという美談として語られました。低迷する視聴率と不祥事続きのフジの中にあって、久しぶりの祝福ムードに包まれたものです」(芸能関係者)

 13年7月には長女が誕生。生田アナの兄で俳優の生田斗真(33)や、秋元アナの妹でテレビ東京の秋元玲奈アナ(32)とも家族ぐるみで付き合っており、2人は幸せな結婚生活を送っていると思われていた。

 ところが、16年11月に暗転してしまう。秋元アナが、同じフジ局内の40代既婚男性A氏とダブル不倫の末、別居していることが報じられたのだ。

 その後2人は離婚協議に突入。当時、ある情報番組で秋元アナは離婚協議を認めながらも不倫については否定していた。

 今年1月には、A氏のワンボックスカーで竹林や温泉で頻繁に密会していることが報じられ、ついにレギュラー番組を降ろされる事態に。そして4月に離婚が成立した。

「ようやくという感じですね。アナウンサー室には相変わらず2人がいるので、周囲が気を使ってピリピリしていたんですよ。今回、離婚が決まったことで、雰囲気もよくなるかもしれません。生田アナとしても仕事がやりやすくなるでしょうね」(フジテレビ関係者)

 とはいえ、番組出演見合わせの状態が続く秋元アナは、いまだに不倫関係を否定しているというから驚き。

「愛らしいルックスの秋元アナですが、性格は超勝ち気。よっぽど決定的な動画や写真などが出ない限り、否定し続けるでしょうね」と同関係者はみている。