国分「今は音楽活動を白紙に」 TOKIO25周年アルバム制作に影響か

2018年05月02日 17時28分

25周年ツアー、アルバム制作にも影響が出る可能性を示唆した城島(右)と国分

 人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検(1日に起訴猶予処分)されたことを受け、他のメンバーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、都内で会見してグループとして謝罪した。

 4人は黒いスーツ姿で登壇し、まず、リーダーの城島が「メンバーの山口達也が犯した事件で被害に遭われた方、そして、そのご家族にTOKIOのメンバーとして深くおわび申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を並べると、メンバー4人で約20秒間、深々と頭を下げた。

 事件の発覚以降、TOKIOのメンバー5人が揃う場がなかったというが、4月30日夜に山口を含めた5人で2時間半もの話し合いが持たれたという。

 城島によれば「山口は土下座して謝罪して、その中でカバンから1通の封筒を取り出して『TOKIOを辞めます』と。そこには退職願と書かれていた」。退職願を出された瞬間については「正直、メンバーみんなが言葉が出なかったのは確かです」と明かし、山口以外の4人に動揺が走った様子がうかがえた。

 城島は「今できることは謝罪。それからじゃないと先のことは考えられない。まずはみんなが冷静になってから」として、山口の退職願は城島の「預かり状態」になっているという。

 また、松岡は山口が退職願を出したことについて「それがケジメだと思っていた」とし「(謝罪会見で復帰の思いを口にした)山口の甘えの根源になっているグループなら、なくなればいい」と言いつつも「もし、山口が僕の立場だとして、僕の出した辞表を受け取れるのかと…。それはズルい!」と、複雑な胸の内を吐露した。

 バンドとして音楽活動をしてきたTOKIOは、来年デビュー25周年を迎える。今回の事件でベースを担当してきた山口が無期限謹慎することに、長瀬は「一つの音がなくなるっていうことは、音楽活動ができなくなるということ」と言い、国分も「今は音楽活動を白紙にして向き合えることをやっていきたい」。25周年ツアーと25周年記念アルバムの制作にも影響が出る可能性を示唆した。