山口が土下座して辞表提出! 城島らTOKIOメンバーが会見で明かす

2018年05月02日 15時13分

会見するTOKIOの(左)から長瀬、国分、城島、松岡

 人気グループ「TOKIO」城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)の4人が2日、自宅で女子高生に無理やりキスしたなどとして強制わいせつ容疑で書類送検(1日に起訴猶予処分)された山口達也(46)について都内で会見を行い「山口が辞表を提出した」とTOKIO脱退のみならずジャニーズ事務所退所の意思を示したことを明かした。

 上下黒のスーツで会場に一人ずつ登場した4人は、それぞれが約20秒頭を下げた。

 リーダー城島は「本日は集まっていただきましてありがとうございます。今回TOKIOのメンバー山口達也が犯した事件に関しまして、被害に遭われた方、ご家族の方におわび申し上げます。TOKIOを支えてくださっているファンの皆さま、スポンサーの皆さま、支えてくださっている皆さまにご迷惑をおかけしました」と謝罪。再び全員で頭を下げた。

 先月25日に事件が発覚。スケジュールの都合でメンバー全員で集まったのは30日の夜7時過ぎ。約2時間ほど話し合ったという。

 城島は「本人は決意を固めていたようで、土下座して『辞めます』と辞表を私に渡してきました。今後の活動も含め、5人の話し合いの中で(今後)どうしようかという段階だった。23年一緒にやってきて、『辞めてくれと言えない』私たちがいました」と山口の処遇に悩み答えが出せなかったと明かした。辞表は事務所宛てのもので現在、城島の「預かり状態」だという。

 城島は「リーダーは甘い、全員甘いという言葉もあるかと思いますが、それを含めて受け止めていきます。山口の責任は私たちの責任。どういう結果になろうが、できることをやって頑張っていくしかない」と頭を下げた。

 一部では「音楽活動停止」「グループ解散」などと報じられたが、TOKIOとしての今後の方向性を具体的には示さなかった。各メンバーが「今、いただいている仕事をこなすのがプロ」と話したように、まずは現在の与えられた仕事を全うしていくという。