小倉智昭 TOKIO会見報道に「そこまで責任負う必要あるのか」

2018年05月01日 10時31分

書類送検された山口達也

 フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜午前8時から)のキャスター・小倉智昭(70)が9日に放送された同番組で、TOKIOのメンバーが山口達也(46)の強制わいせつ容疑で書類送検された件で「近く会見を行う」と報道されたことに対し、「そこまで責任を感じなければいけないんだろうか」と話した。

 番組では山口の事件を特集。TOKIOの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が会見を行う動きがあるという報道を伝えた。国分はこの日、TBS系「ビビット」に出演し「近く会見し、改めて被害者の方におわびさせていただきたいと思います」と発表した。

 小倉は「バンドのメンバーが不祥事を起こしたグループはいくつもあるけど、他のメンバーが会見するなんてあまりないこと。そこまで責任を感じなければいけないんだろうか」と疑問を投げかけ「他の4人のメンバーがどのように考えているかを皆さんに報告する必要があるかどうかというのは、微妙だと思いますね」ともコメントした。

 小倉は山口と被害にあった被害女性が共演したNHK「Rの法則」(Eテレ)を見たことを明かし、「高校生の女の子は私服でひな壇に上がっているので、大人にしか見えない。そういうのも影響したのかもしれない」と持論を述べた。