TOKIO城島 山口の裏切りに怒り心頭「復帰ありえない」

2018年04月28日 11時42分

城島が山口の復帰にダメ出し

 TOKIOのリーダー・城島茂(47)が28日、メインMCを務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」に出演。強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也(46)に言及した。

 スーツ姿で登場した城島は「今回、TOKIOの山口達也が強制わいせつ罪で書類送検され、大変ご迷惑をおかけしました。被害に遭われた方、そしてご家族の皆様に心より深くおわび申し上げます」と頭を下げた。「恥ずかしながら、この件を知ったのはTOKIOのレギュラー番組(収録)を終えた後で、私もメンバーも山口から聞いていなかった」とメディアを通じて知ったと明かした。事態を把握したのがファンや世間より後になったことに「グループのリーダーとしては恥ずかしい限りでございます」と苦しい表情で述べた。

 小木逸平アナウンサー(43)から山口が26日に行った会見の感想を求められると「まず自覚がないな、何を考えているんだというのはもちろんなんですけど、他のメンバーが何も聞いていなかったこと。メディア、会見を通して知ることが多かったので、こいつ何やってるんだろうなと」と答えた。山口がグループへの復帰願望を口にしたことに対しては「まあ、ありえないでしょうね」とバッサリ。また、城島らメンバーの名前を出したことに「テレビを通じて言うことじゃなくて、まず最初に他の4人、マネジャーや会社に対して『こういうことになりました。申し訳ございません』と言うのが筋じゃないかって、普通に思うんですね」と非難した。

 さらに「今まで何も言わず、謝罪会見で心情を吐露する。何でしょうね。俺たち30年やってきたのかなって…。裏切りですよね」とあきれ顔を見せた。続けて「グループのリーダーとしてありえないし、30年連れ添った仲としてもありえない。筋を通す男だと思っていたが、一番筋を通していないというのが正直な気持ちです」と怒りをにじませた。

 今回の事件でメンバー全員が集まる機会はこれまで設けられていないが、会見後に山口、国分太一(43)と話す時間があったという。「会見以上に憔悴しきった印象だった。国分と話していた。たぶん謝罪(国分は自身がMCを務めるTBS系『ビビット』で山口の会見前に謝罪)のことでしょうね。僕は一歩引いて、あきれていましたね。その後、『ごめん』って言ってきましたけど」と様子を話す。

 城島は「被害者の方、ご家族の方に謝罪の念があれば『戻ってきたい』とかは言えないと思うんですよね」と山口の甘い考えを指摘。出演者から「今、かけたい言葉」を聞かれると「自分の犯したことに関して向き合って、どうするのか考えていただかないと。声をかける以前の問題かなと思うんですけど」と話した。