【Juice=Juiceノミカタ:連載5】初期メンバー5人が考える「2人の新メンバー」

2018年05月02日 10時00分

昨年、2人が加入して7人になった「Juice=Juice」

【Juice=Juiceノミカタ:連載5】メジャーデビュー以来、不動のメンバーで活動してきた「Juice=Juice」(以下JJ)に、昨年大きな変化があった。新メンバー、梁川奈々美(カントリー・ガールズと兼任、16)と段原瑠々(16)の加入だ。5人のオリジナルメンバーは、加入を知り、どんなことを考えたのか?

【宮本佳林】
 加入を聞いた時はびっくりしました。私はJJはずっと、解散する時までこの5人なんだろうと思ってたんです。

 その時は100%うれしかったわけではありませんでした。でもよく考えたら、受け入れる側より、入る側の方が大変ですよね。しかも、やなみんはグループ兼任。自分がその立場ならどんな気持ちだろう…。そんなことを考えているうちに、自分たちがしっかり2人を迎えなければと思うようになりました。

 2人が加入してくれて、曲の表現に広がりが出たと思いますし、視野も広くなりました。何より2人ともすごくいい子。入ってくれて良かった!

 今後は「JJに入りたい!」と言ってくれる子も出てくるかもしれません。そう言ってもらえるように頑張らないと!

【高木紗友希】

 加入に抵抗はなかったけど、どこかでJJはないんじゃないかなって思ってました。入るとしても、今までの楽曲は大人っぽいし、年齢的にもカントリー・ガールズのイメージ的にも、やなちゃんは違うんじゃないかと話していたので、驚きましたね(笑い)。

 実は段原瑠々ちゃんは入るかもと思っていたから、やっぱりという感じでした。

 なにより気になっていたのが、新メンバーが本当に入りたかったグループ。別のグループに入りたいと思っていたら申し訳ないなと。だから発表になった時、「おめでとう」は違うし、「すいません」も違うし、リアクションがわかりませんでした。

【金澤朋子】

 新メンバー加入については、どこかで人ごとというか、JJにはないだろうと思ってました。

 発表された日は「海外ツアーの告知動画撮影」といって集められたんです。でもちょっと前に一度撮ってるから、「ん? 撮ったよね?」「怪しいぞ」と(笑い)。

 5人が当たり前になっていたので、抵抗や戸惑いは多少あったし、誰も入らないでという気持ちも正直ありました。でも7人になったことでグループの色がガラッと変わり、迫力が増しました。

 何より2人はとても真面目。ダンスについての質問も細かい部分にまで及ぶから、こっちがしっかりしないといけない。教えられないと恥ずかしいですから(笑い)。改めて頑張らなきゃ!という気持ちにさせてくれました。

【植村あかり】

 なんとなく誰か入るだろうなという雰囲気は感じていました。誰だろう? 何人だろう? 私より年下だったら自分が最年少じゃなくなるなんて、いろいろ考えちゃいました。

 それより、初めて新メンバーが入ったことで、JJはこれからも続いていくと思ったんです。もし初期メンの5人のままだったら、将来は1人ずつの卒業という形じゃなく、誰かが卒業する時にグループも解散になる気がしていました。

 今回、加入による体制の変化があったことで、グループとして長く存在できる、と思えたことはうれしかったです。

【宮崎由加】

 実は発表の前から、もしかしたら新しいメンバーが入るかも?と少し感じていたので、心の準備ができていました。

 人数が増えることについては、ワクワクしていました。JJはメジャーデビューからずっと5人でやってきたから、不安も少しはありましたが、2人が入ったことによって、5人で歌ってきた曲が全然違った雰囲気になるんですよ。新しい魅力を見つけられるチャンスだとも思っています。後ろ向きな気持ちは全くないです。

 2人は本当にデキる子なんです。すごい子たちが入ってくれました。