真矢ミキ「国分さんは朝から泣いて謝っていた」「山口さんにこの重さを受け止めてほしい」

2018年04月26日 12時17分

真矢ミキ

 女優の真矢ミキ(54)が26日、TBS系「ビビット」で、ともにMCを担当するTOKIO・国分太一(43)がメンバー・山口達也(46)の強制わいせつで書類送検された件で、朝から番組スタッフに謝罪していたことを明かした。

 番組の冒頭、一人で登場した国分は、「昨日深夜、メンバーと何があっても連帯責任」と決めたことから、涙を流しながら山口について謝罪した。

 真矢は矢面に立つ国分について「太一さん、こんなこと言ってほしくないと思うけど、きょう朝から入ってきて、ずっと泣いて皆さんに謝っていた」と番組前の様子を話した。

「メンバーってそういうものなんでしょうけど、体の一部で自分の人生が人の人生でもある。TOKIOのお一人おひとりも今日からお仕事で、ショックと同時に、いろんなところで謝られるんでしょう。ファンの方も非常にショックで、どう付いていっていいか分からないでしょう。お仕事にも影響が出ている。そして何よりも被害者の方、信頼して憧れて付いていったのかもしれない」と続けた。

 真矢は神妙な面持ちの国分を横に「もう、この重さっていうのをしっかり受け止めてほしいですね、山口さんに」と呼びかけた。