山口達也の強制わいせつ容疑・書類送検でTOKIO「紅白連続出場」ストップ必至

2018年04月25日 18時48分

山口達也

 今年2月、自身が司会を務めるNHK「Rの法則」(Eテレ)で知り合った女子高生(16)を自宅に招き、酒を勧め、無理やりキスしたなどとして、警視庁に先週、強制わいせつ容疑で書類送検されたジャニーズの人気グループ「TOKIO」山口達也(46)。ここで気になるのが、今年のNHK紅白歌合戦に果たしてTOKIOは出場できるのか——。

 強制わいせつ容疑については示談が成立し、女子高生は被害届を取り下げる手続きを行ったというが、NHKは迅速に山口と女子高生が知り合うきっかけとなった「Rの法則」の25日・26日の放送を別番組に差し替えると発表した。で、紅白だ。

「いくらジャニーズ事務所といっても、これだけの〝事件〟を起こしての紅白出場はさすがに無理ですよ。業界ではすでに〝TOKIOは終わった〟との声も出ているくらいですから」(事情通)

 TOKIOはデビューした1994年から紅白に連続出場している。昨年の24回目の出場で、一昨年末に解散したSMAPの出場回数23回を上回って話題となったが、この記録も山口のわいせつ容疑で途切れるとことが必至となった。