大野いと ベトナム撮影でカエルに挑戦「チキンみたいでおいしかった」

2018年04月24日 16時50分

完成披露試写会に出席した大野いと(左)と森崎ウィン

 女優・大野いと(22)と俳優・森崎ウィン(27)が24日、都内で行われた映画「クジラの島の忘れもの」(5月12日公開)の完成披露試写会に出席した。

 同作は日本とベトナムの国交樹立45周年を記念して製作された。大野は阪神・淡路大震災で犠牲になった母との思い出を求め、沖縄に移住する主人公・愛美を演じる。愛美は職場で、森崎演じるべトナム人技能実習生・コアと出会い、希望を取り戻していく。

 撮影はベトナムと沖縄で行われ、大野は「ココナツウオーターが好きで、たくさん飲んだ。あとカエルを食べて。チキンみたいでおいしかったです」と明かした。

 ミャンマーで生まれ育った森崎は、ベトナムに親近感を持ったとか。「ミャンマーと違ってバイクは多いけど、町並みには懐かしさを感じた。ちょっと故郷に帰ったような感覚になった」と笑顔を見せた。

 見どころについて、大野は「ベトナム人男性と出会って、考え方や価値観が変わっていくところを見てほしい」。森崎は「現代の恋愛って結構、黒い部分が注目されていると思う」とつぶやくと「こんなにも真っすぐな純愛があるんだと。ピュアなところに注目してほしい」と呼びかけた。