河西智美 来年からの「婚活」を宣言「早く子供を産みたい」

2018年04月24日 05時00分

河西智美

 元AKB48の歌手・河西智美(26)が23日、東京・新宿区の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで、主演舞台「華~女達よ、散り際までも美しく~」(29日まで)の初日公演前に取材に応じた。

 来年、創立40周年を迎える「劇団SET」が手掛ける“女性だけ”のミュージカル・アクション・コメディー。歌、ダンスはもちろんのことギャグ、アクションもふんだんに盛り込まれている。

 劇中では史実を基にした物語が展開し、豊臣秀吉の正室・おね(北政所=きたのまんどころ)を中心とした女たちの戦いの様子が描かれる。

 おね(北政所)を演じる河西は「45歳の役で、ドッシリとした女性です。北政所という役は名だたる女優さんたちが演じてきた。私も映画やドラマを見て勉強させていただきましたけど、私らしくノビノビ演じていきたい」と意気込んだ。

 2103年5月にAKBを卒業して5年。久しぶりの女性だけの仕事に「AKBを卒業してからは女子だけって仕事はなかなかなかったので、楽しかったです。(稽古の)休憩中、ずっとお菓子を食べながらギャーギャー騒いでてリアル女子会みたいでした。ほんと女子ってうるさいなって思いました」と笑いながら振り返った。

 妻役にからめて、結婚願望を聞かれると「私は結婚願望が本当に強くて、子供も早く産みたいんです。でも、今年はありがたいことにスケジュールが埋まっていますので、来年から婚活しようかなと思います」と大胆宣言。着物姿で演じたことで「白無垢もいいなと思って、おととい画像検索をしました(笑い)。ドレスと白無垢を着たい」と憧れの結婚式へ思いもはせた。

 報道陣の「(劇中の)豊臣秀吉のような人物がいいか?」という質問には「強い方ですけど、浮気性だからな…カカア天下が理想的ですね」と笑わせた。