元自衛官のお笑い芸人が盗撮逮捕 犯行は解散ライブの前日だった

2018年04月23日 16時30分

 吉本興業に所属するお笑いコンビ「デビルポメラニアン」の末次翔一容疑者(29)が21日、都内の地下鉄駅の階段で盗撮したとして、警視庁牛込署に都の迷惑防止条例違反で逮捕されていたことが明らかになった。

 逮捕容疑は同日正午過ぎ、都営新宿線曙橋駅の階段で前を歩いていた20代女性のスカートの中にスマホを差し向け、下着を盗撮した疑い。容疑者の不審な動きに気づいた女性が通報し、駆けつけた警察官に取り押さえられた。

 同容疑者は元海上自衛官でタレント養成所・NSCの東京校19期生。3年前にコンビ結成し、バラエティー番組やお笑いライブに単発で出演。前職の経験を生かし「海上自衛隊あるある」や、右手がミサイルという「片腕ミサイルダディー」などのギャグやネタを披露していた。

 ただブレークすることはなく、解散に追い込まれた。ツイッターでは「解散理由は護衛艦の型の数ほどある(イージス艦は含まない)2人とも芸人は続けます!」(3月29日付)との記事を投稿したが、その解散となる渋谷でのライブ「JET GIG」の前日に犯行を働いた。

 芸人の逮捕といえば、1月に「トップリード」の新妻悠太(36)が住居侵入と窃盗未遂の容疑で捕まったばかり。後に不起訴となったが、2月6日に所属事務所を解雇された。

 末次容疑者はあくまでコンビ解散で、次なる芸人道を模索する考えだったようだが、節目の前日に何の魔が差したのか、常習犯だったのか? 警視庁によれば、逮捕容疑を認めており、芸人活動どころではなくなった。吉本興業は「本人と連絡が取れず、現在事実を確認しております」とコメントしている。