アプガ(2)に中学生2人新加入 既存メンバーに宣戦布告!?

2018年04月21日 21時43分

初の単独ライブを行った「アップアップガールズ(2)」

「アップアップガールズ(仮)」の妹分グループ「アップアップガールズ(2)」が21日、新宿BLAZEで初の単独ライブを行い、2人の追加メンバーがサプライズ発表された。

 昨年結成されたアプガ(2)は高萩千夏(20)、吉川茉優(19)、鍛治島彩(18)、橋村理子(18)、中沖凜(17)の5人グループ。5月1日発売の両A面シングル「っていう初恋のお約束/ハッピース LOVE」を含む全9曲の新曲を初の単独ライブで披露した。

 鍛治島の得意技「鼻リコーダー」もライブ中に炸裂し、会場のボルテージが最高潮に達する中、突然のサプライズがメンバーを襲った。最終オーディションに合格した2人の新人が追加メンバーとして現れたのだ。ここまでの1年間、5人で走り抜けてきた“旧メンバー”は動揺を隠しきれない。

 新メンバーは中学1年の佐々木ほのか(12)と中学2年の中川千尋(13)。ともに空手を得意とする武闘派で「夢は世界一のトップアイドルなので、まず初めに(2)メンバーのトップになりたい」(佐々木)、「メンバーに負けないように全力で頑張ります!」(中川)と、大舞台にも緊張することなく“宣戦布告”と取られてもおかしくない決意を表明した。

 旧メンバーの中でも特にショックを受けていたのが最年少だった中沖だ。「どうしよう~」と泣きじゃくり「最年少キャラじゃなくなったら…。どういうキャラでいこう」と焦りを隠せない。

 しかし、最終的にはメンバーは涙を拭って「千尋ちゃん、ほのかちゃんは大切な仲間になると思います。上を向いて、7人で上に進んでいきたい」(吉川)と大団円を迎えた。

 7月7日にアプガグループ全体の合同イベントが開催され、新体制のアプガ(2)がお披露目される。8月7日には新体制初のシングル発売も決定。新しい風が吹き込んだグループから目が離せない。