長谷川博己NHK大河&連ドラ連投 多忙で気になる鈴木京香との今後

2018年04月20日 16時30分

光秀を演じる長谷川

 俳優の長谷川博己(41)が、2020年1月から放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、主人公・明智光秀役で主演することが決定し、19日に東京・渋谷の同局で発表会見が行われた。

 同作は、本能寺の変で主君の信長を自害させた戦国武将・明智光秀の謎めいた半生を描く。長谷川は「たくさん写真を撮られて、すごいことを引き受けたんだと実感した」と率直な思いを吐露。「明智光秀は三日天下だが、僕がこれをやり終えた後には、1年くらい天下が欲しい」と野望を明かした。

 長谷川の同局大河ドラマ出演は、13年の「八重の桜」以来。18年度後期連続テレビ小説「まんぷく」(10月から放送)で、女優・安藤サクラ(32)が演じるヒロイン「福子」の夫役として出演することも2月に発表されたばかりだ。

 長谷川は連投となることを「長旅になる。これを乗り越えた後に、人が見られないような景色が見られると思う」と言い、自らを鼓舞。連投は、同局朝ドラ「はね駒」(1986年)で、斉藤由貴演じるヒロインの夫役として出演し、その後、大河ドラマ「独眼竜政宗」(87年)で主演を務めた渡辺謙(58)以来だ。

 スケジュールでは、朝ドラと大河ドラマ撮影の間には約3か月ほど空く予定だが、かなりハードになりそうだ。

 そこで気になるのが、同局ドラマ「セカンドバージン」(2010年)での共演をきっかけに約7年間交際している女優・鈴木京香(49)との関係だ。

 テレビ関係者は「今回の連投と、大河ドラマで主役を張ることで、鈴木より格下だった長谷川の立場は逆転する。トップ俳優へ一気に上り詰めることになり、これから忙しくなるだろう」と語る。多忙を極める長谷川の結婚は、まだまだ先になりそうだ。

関連タグ: