スピードワゴン小沢 新感覚お化け屋敷にビビリまくり

2018年04月19日 13時58分

お化けに足をつかまれ悲鳴を上げる小沢

 お笑いコンビ「スピードワゴン」(井戸田潤=45、小沢一敬=44)が19日、都内で行われた新感覚お化け屋敷「怨霊座敷」(20日から=東京ドームシティのラクーアゾーンで開催)のオープニングイベントに出席した。

 同アトラクションは、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏が演出を行った。靴を脱ぎ、座敷や板の木目の感触を感じながら、床下から女性の怨念が伝わるというもの。婚約者とその浮気相手に殺された女の死体が埋められた家を舞台に“裏切り”をテーマに作られた。

 小沢はこの日、お化け屋敷を体験リポート。戦々恐々の小沢の表情に井戸田は「小沢さんはビビりなんですよ」と大笑い。

 お化け屋敷から“生還”した小沢は「本当に怖かったし、マジで腰が痛い」と腰をスリスリ。続けて「このイベントはお医者さんは呼んであるよね?」とジョークで笑わせた。

 お化け屋敷といえば定番のデートスポット。小沢は「これは1人では入れない。誰かの手を握っちゃうもん」とポツリ。

 井戸田は「じゃあ、おっぱい触っていい?」と、週刊新潮が報じ、辞任した福田事務次官が女性記者に吐いたセクハラフレーズで笑わせた。

 また、持ちネタで女性に対してロマンチックな言葉を吐く小沢は「女を裏切ることはない。裏切られるのが男の仕事です」と発言。

 それを聞いた井戸田は「あの時(安達祐実と夫婦だった時期)の僕は裏切りではなく、浮気はしましたけど…。でも殺してはいない(笑い)」と冗談交じりに語った。