大ケガの仮面女子・猪狩ともか ICUからHCUへ「病状は近日中に本人の言葉で報告」

2018年04月18日 16時53分

猪狩ともか

 強風にあおられた看板があたり、大けがをした「仮面女子」猪狩ともか(26)が18日までに、ICU(集中治療室)からHCU(高度治療室)に移ったことが分かった。仮面女子の公式サイトが状況を報告した。

 それによれば「猪狩ともかですがICU(集中治療室)から移動しHCU(高度治療室。ICUと一般病棟の中間に位置する病棟で、ICUよりもやや重篤度の低い患者を受け入れる治療施設。)で現在安静にしております。今後は一般病棟に移るために治療に専念していきます」と伝えた。「詳細な病状、今後の活動などは本人の言葉で近日中にご報告させて頂きます」としている。

 また「ファンの皆様に折って頂いた千羽鶴もご家族から本人に届いております」と感謝のメッセージを掲載した。

 猪狩はオフだった11日、東京・文京区の湯島聖堂を通りがかったところ、看板が直撃。病院に搬送され緊急手術を受けた。12日、公式サイトでは「現在、本人はICUにて絶対安静のためご家族の方しかお話できない状態です。ご家族より重傷であるとお伺いしておりますので、また詳しい容態が分かり次第ご報告致します」としていた。