足立梨花に男優陣メロメロ 石丸謙二郎「ドラマは妄想がかなう場所」

2018年04月10日 16時59分

足立梨花

 女優・足立梨花(25)、俳優・石丸謙二郎(64)らが10日、都内で行われたBSジャパンの新ドラマ「噂の女」(14日スタート、毎週土曜午後9時)の製作発表会見に出席。足立が石丸のセクハラ妄想にタジタジになった。

 周囲にいる権力者や金持ちが次々に不審な死を遂げる。足立はそんな黒い噂の絶えない“謎の美女”を演じ、石丸は足立の暮らす地方都市の市長役を務める。

 石丸は体のラインが出る赤のワンピースで登場した足立をなめ回すように眺めると「実は撮影中に会う機会がなく、今日初めてお目にかかるが、ドキッとしている。先ほどから横を見ようかなとずっと考えていた。女性はセクシーなほうがいい」とコメントした。

 続けて「利権や談合が大好きな役どころ。でも、後に彼女にろうらくされるのかな」と漏らすと、田山涼成(66)が「まさかベッドシーンがあるとか」とうらやましそうな声を上げた。

 石丸は「妄想を要求すればそういうこともある。連続ものというのは、昔からそういうものだ。勝ち取るもの。一般社会とは違って、ドラマは妄想や願望がかなう場所」と、いやらしい笑みを浮かべた。

 作品ではコスプレ好きの足立がいろいろな制服姿を披露するのが、見どころの一つになっているが、石丸はここでも「僕は単純にミニスカートが好き。ギリギリ見えるか、見えないかがいいね」とスケベオヤジ丸出しで、足立をドン引きさせた。

 会見には「浅見光彦シリーズ」で人気を博した中村俊介(43)も出席。「足立さんだったら、だまされてもいい」とその魅力にメロメロだった。